CAR GUIDANCE
車を売買する前に
 
車の基礎知識 車のこといろいろ バイクのこと
TOPページへ



保険について@



はじめに

「中古車は、信用のできる店で買え」 車を購入するときに、よく親や知人からこういった言葉を言われますよね。中古車販売店によっては、ボロボロの車をパーツをちょっと取り替えただけで販売しているところも、あるにはあります。しかし、それは一昔前の話。あなたはまだ、こんな言葉を信じているのではありませんか? クルマの専門家 と言われる人ほど、中古車選びは最終的には、いかに信用できる店で買うか、つまり店選びが決め手になると信じているのです。合宿免許を取得するのもちゃんとした自動車学校を選ぶ必要があるぐらいだし、駐車場だって立体駐車場の綿半など信用できる企業があるのだから、「中古車は、信用のできる店で買え」っていうのは定説といってもいいほどのものです。本当に、そうでしょうか? 

だって、どうやって見つけるんです、信用のできる店を。友達がそこで買っているから? それともその店が、その場所で長年商売をしているので安心できると思ったから? まさか、うちは公正な取引をしている会員の店です、という看板の出ている店だから信じる、なんてことはないでしょうね? でもほんと、信用なんて目に見えないものを、見分けるなんて至難の業!ポルシェやフェラーリを見つけたとしても、それが適切なものかどうかはすぐには判断できないものです。
いかにも可能と思えるような言葉だけれども、実際には不可能なことを不能概念と言うそうですが、「中古車は、信用のできる店で買え」なんて、まさにこれですよね。すべての間違いは、ここから始まったのです。というのは、こんな言葉で世間を先導するのは、一見正しく社会正義に合致するように錯覚するかもしれませんが、百害あって一利なしです。なぜって、こんな言葉が聞かれるようになってどれくらいの年数が経ちます? そして、中古車業者から安心してクルマを買える社会になりましたか? そうでないことは、みなさんご存知のとおりです。

ほんとうは、中古車というのは新車に劣らず魅力的なものであり、中古車には中古車にしかない楽しみというものがあるものです。そう、クルマには「いいクルマとわるいクルマ」それしかないのですから。それが、中古車は新車に比べて見劣りのするクルマ、というイメージしかできず、今は経済的に余裕がないから中古車にしておこうとか、どうせ初めはブツつけるんだから中古車で我慢しておこう、でもいつかは新車を買ってやる、なんて思っているなら大変不幸なことです。でも、こう思っている人がいるとしても、あながち責められることではありません。

というのは、「中古車は、信用のできる店で買え」という言葉でわかるように、世間にはほとんど信用できない店しかないようなイメ−ジしか与えてこれなかったのが、これまでの中古車販売業の実態だったのですから。それが、中古車に対する間違った認識を、世の中にしみ込ませてしまった大きな原因なのです。なんの罪もない「中古車」そのものにとってはたいへん迷惑な話です。これからは、新車か中古車ではなく、「いいクルマか、わるいクルマか」で議論されるようになってほしいものです。だって、いま日本の道路を走っているクルマは、すべて中古車なのですから。あなたが、いくら新車で買ったと言い張っても、いったんクルマを路上に出せば(もっと正確に言うなら、新規登録をした瞬間から)、それはもう、りっぱな中古車なのですから。

たとえば、購入した車が元事故車で廃車寸前だったら…恐ろしいですよね。そんな廃車寸前車を手に入れてしまう前に、信頼できるお店をしっかり探しましょう。絶対に廃車なんて嫌ですから。

話が長々となってしまいましたが、良い中古車を買うための秘訣や、意外と知らないクルマの基礎知識、そして今乗っているクルマを少しでも高く売るためのポイントなどをご提供していこうと思います。

iphoneケースがかわいい

ラジコンヘリで遊ぼう!

大泉学園の賃貸物件

記念写真のことなら(仙台)


c2008 CAR GUIDANCE All rights reserved.